自分の人生において一番書いた文字というのはおそらく自分の名前であろう。
しかし、自分の名前を書くにしても
「署名」
「記名」
「サイン」
という3種類がある。
それぞれに意味や使う場面には違いいあるので注意しておこう。

署名と記名とサインの違い|『Signuture』ではなく『Autograph』


サインは署名のことでもあるが、少し署名とは意味合いが異なる。
これは英語で考えるとよいだろう。

普通の方はサインを英語でといわれれば
「SIGNATURE]
と答えるであろう。
間違いではないが、もし英語でスターに
「サインください!」
とお願いする時に
「Can I get your signature?」
と言うときっとむこうは少し怪訝な顔をするかもしれない。
「signature」には契約書に署名するというニュアンスもあるからだ。
そんな場合は
「Can I have your autograh?」
がベターだと思う。

この「オートグラフ(Autograph)」という単語は,日本人には馴染みがないと思う。
しかし、海外(アメリカ・イギリスなどの英語園)では日本の「直筆サイン」のことをオートグラフと呼んでいるのだ。
「Signature」という英単語は,手紙や書類などに署名する際に使用されています。
「Autograph」は有名人がサイン本やサイン色紙などに署名する際に使用されています。
わかりやすく言い換えれば「Signature」は「本名で書く」「Autograph」は「芸名を書く」
そんなニュアンスもあり、サインという言葉ひとつでも使われる単語が異なるのです。

これに似たもので日本では「花押」(かおう)というものがあります。
これは署名の代わりに使用される記号・符号で 元々は、文書へ自らの名を普通に自署していたものです。
自分の名前の中の一字を崩して作成したりもします。
最近では政府の閣議でその書類に署名する際にこの花押が使われているので見たこともあるかもしれません。

もしあなたが有名人になる(かもしれない?)予定があるのならこの花押のようなサインも考えておく方がいいだろう。
もし有名人になれなかったとしても、これを持っているだけで気分だけでも有名人になれるのだから・・・
この花押(かおう)につかいのが有名芸能人のサインなのだがこれも作ってくれる専門の会社も紹介しておきます。

署名ドットコム 公式ホームページ
\お名前をおしゃれなサインに/

サインと記名と署名の違い|記名は書き写すこと


記名とは「氏名」を書き移すことである。
ですので、自署ではなくゴム印でも代筆でも印刷でもかまわない。

サインと記名と署名の違い|署名とは自署 つまり自分で書くということ


サインや記名と異なり署名とは法的な意味合いや重要な手続きの場合には必ず記入欄に「自署」と書かれているはずである。

サイン・記名・署名の違い まとめ


「署名欄」と書かれていれば必ず自分で書く必要があります。
「記名欄」と書いてあれば自筆のほかにも代筆・ゴム印・印刷でも問題はないとされています。
「サインしてください」
これにはたくさんの意味があります。
署名の場合も記名の場合も芸能人がファンのためにかくもの
すべて
「ここにサインしてください」
なのだから・・・

証拠能力という意味での自署であるが、ただまだまだ日本はハンコ印鑑に対する信用度のほうが高いのも事実。
ほとんどの重要なh祖類はやはり署名の信用よりも「実印+印鑑証明書」のほうが圧倒的に高い。