カード 裏面 署名

クレジットカードの裏面の署名、どんな風に書いていますか?

新規のクレジットカードを作った時、
あるいは
有効期限が来て新しいカードが発酵された時、
ぜひこの記事のことを思い出してくださいね。

クレジットカードの裏面の署名はとても重要なこと知ってましたか?

裏面に署名のないクレジットカードの不正利用

クレジットカードの裏面の署名はとても需要な意味合いがあります。
そもそもクレジットカードの裏面に署名する理由は
そのクレジットカードの持ち主と利用する人が同一人物であることを証明するため
なんです。

カード裏面に署名がない場合、利用を断られる場合もある

クレジットカードを利用する際に、カード裏面に署名のない場合お店側はその場でカード裏面い署名記入を入を求め、それに応じない場合はクレジットカードを使用を断ることができます。
それはカート持ち主とその利用者が同一人物であることが証明できないからです。
店側が発行する利用明細書の署名とクレジットカード裏面の署名の筆跡を見比べてご本人確認をすることが店側にも求められているのです。

カード裏面に署名がない場合は盗難・紛失の被害で補償されないこともある

新しいクレジットカードを入手した時にはすぐ裏面に署名しましょう。
でないとそのうっかりミスがとんでもないことにもなりかねません。

それは、カード裏面に署名がないクレジットカードが不正利用された場合に補償されないこともあるのです。
一般的にはクレジットカードが不正利用された場合、その被害額はクレジットカード会社が補償してくれます。
しかし、カード会員が規約に違反していた場合や故意・過失による不正利用はその補償はされなかったり限定的な物におなる場合もあるのです。※クレジットカード規約にはきちんと裏面の署名のことも記載されています。

そもそもカード裏面に署名がないクレジットカードを誰かが不正に手に入れた場合、その場で第三者が¥署名すればそれで利用することができます。
ですから、あなたがカード裏面に署名することを忘れていたことは簡単にバレるのです。

今は実店舗でクレジットカードの利用は少ないけれど

クレジットカードの裏面に署名をしていない人がどれだけ多いことか・・・
それは最近のクレジットカードの利用が実店舗ではなく、ネットなどのカード決済の利用がほとんどだからかもしれません。

しかし、これがいざ海外となると事情は大きく変わります。
日本よりもずっと早くキャッシュレスが進んだ海外ではクレジットカードの利用形態が日本とはかなり違うのです。

海外で買い物をしようとしたらほぼ間違いなくクレジットカード決済が多いです。

日本もハンコレス化が進んできているからこそ

遅ればせながら、日本もグローバル化が進み海外と同じくハンコレスがどんどん進行しています。

ですので、そろそろ欧米の方と同じように、枚サインを持つ時代がそこまでやってきています。


クレジットカード裏面の署名をバカ丁寧に書くと不正利用されるかもよ


しかしクレジットカード裏面に署名だけしていても万全ではありません。
それは日本人なら他人の署名を真似て書くなどの芸当は朝飯前だからです。
またお店側もそこまでしっかりと確認などしていないケースも多いですからね。

そこで、おすすめは
クレジットカード裏面の署名は馬鹿丁寧に書かない
ということです。

なぜなら馬鹿丁寧に書いた署名は簡単に真似ができるからです。

クレジットカードの署名にルールはないが自分のマイサインくらい持っておこう

自分のサイン署名
まだまだクレジットカードの実店舗での利用が少ない日本人は署名の概念が欧米とは異なります。

署名とは「名前を書く」というより「ハンコ代わり」と認識したほうがわかりやすいかもしrません。

ですからクレジットカード裏面の署名は
①漢字
②英語
③ひらがな
④イニシャル
⑤解読不可能な文字(芸能人のサインみたいな)

でもOKなのです。

クレジットカードの不正利用から身を守るためには、ある程度個性のある署名をした方が安全です。
しかし、いくらそれでも⑤解読不可能な文字(芸能人みたいなサイン)ではちょっとお店側も困ることでしょう。

できれば、
なんとか読もうと思えば読める
というくらいの崩した署名が安全ですし、かここいいです。

これからの時代、自分のサインのひとつくらい持っておいても損はありません。